​「Qlingo」利用規約

 この規約(以下「本規約」といいます。)は、Xtra株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するサービス「Qlingo」(以下「本サービス」といいます。)の利用に関する条件を定めるものです。本サービスを利用する場合、本規約と「サービス標準利用規約」が適用されますので、事前によくお読みください。

 

第1条 (定義)

本規約において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによるものとします。

(1) 「本サービス」
当社が提供する、システムによる自動翻訳サービスをいいます。
(2) 「ユーザ」
本サービスを利用するすべてのお客様(個人、法人及びその他の団体、並びに法人及びその他の団体に所属する個人のすべてを含みます。)をいいます。
(3) 「知的財産権」
著作権(著作権法第27条及び第28条の権利を含みます。)、特許権、実用新案権、商標権、意匠権その他の知的財産権(それらの権利を取得し、又はそれらの権利につき登録等を出願する権利を含みます。)及びアイデア、ノウハウ等をいいます。

第2条 (本規約への同意)

ユーザは、本規約及び「サービス標準利用規約」に従って本サービスを利用するものとし、これらに同意しない限り本サービスを利用できないものとします。本サービスに関して当社が配布、配信する文書等に規定する内容は、ユーザとの間で本規約の一部を構成するものとします。

第3条 (データの保存及び消去)

1 当社及び本サービスの提供に必要な技術の一部を提供する当社のグループ会社である株式会社ロゼッタ(以下「株式会社ロゼッタ」といいます。)は、ユーザの事前の承諾なくして、ユーザの本サービスの利用に関するデータの複製及び保管を行うことができるものとします。
2 当社及び株式会社ロゼッタは、前項により複製又は保管したデータについて、データを拝受後最大で60日後に自らの判断で削除するものとします。
3 本条に基づく当社の行為により、ユーザに損害が生じたとしても、当社はこれを賠償する責任を一切負いません。

第4条 (利用料金の支払)

ユーザは、本サービスの利用にあたり、当社に対し、ユーザが選択したプランの内容に従い、別途当社が定める金額を、別途当社が指定する方法に従って、支払うものとします。なお、支払いに要する費用は、ユーザの負担とします。

第5条 (知的財産権等)

1 本サービスにかかる知的財産権は、全て当社又は当社に適法にライセンスをする第三者に帰属するものとし、ユーザは、本契約の締結によっても、本サービスの利用権を取得するにすぎず、知的財産権の譲渡又はライセンスを受けるものではありません。
2 本サービスの利用により、ユーザが取得した翻訳結果にかかる著作権その他一切の権利(著作権法第27条及び第28条の権利並びに二次利用をする権利を含みますが、翻訳対象物である原著作物の著作権者その他の第三者の有する権利は除きます。)は、ユーザが自己のユーザ画面から翻訳結果をダウンロードした時点で、当社からユーザに移転するものとします。この場合において、当社は、ユーザに権利が移転した時点以後、著作者人格権を行使しないものとします。
3 当社は、ユーザが本サービスを利用した際に提供した個人情報について、当社が別途定めるプライバシーポリシーに従い、適切に取り扱います。

第6条 (保証の否認及び免責)

1 当社は、本サービスの利用につき、ユーザの特定の目的への適合性、経済的価値、正確性、有用性、完全性、適法性、ユーザに適用のある団体の内部規則等への適合性を有すること、及びセキュリティ上の欠陥、エラー、バグ又は不具合が存しないこと、並びに第三者の権利を侵害しないことについて、如何なる保証も行うものではありません。
2 当社は、本サービスが全ての情報端末及び情報端末のOSのバージョンに対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、ユーザはあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。
3 本サービスの利用者数や利用状況によっては、ユーザが望む速度での翻訳結果の提供ができない場合があります。ユーザが望む速度で翻訳結果を提供できなかった場合でも、当社は、ユーザに対し、一切の責任を負いません。

制定:2019年04月01日
改定:2019年06月14日